住職ご挨拶

“海包山 龍昇寺”は平成22年12月に宗教法人の認証を取得し大村湾を臨む地に開山した新しい単立日蓮宗のお寺です。
“海包山 龍昇寺”の山号、寺号の由来は、海をも包む大きな仏の大慈悲と天中地を舞う龍の様に私たち衆生の悩み一切を法華経の教え、神力により救うという願いを込めています。
最近、世間では『寺離れ』『檀家離れ』が盛んに言われ、お寺への関心も薄れていっているようであります。
時代と共に人々の信仰心も薄れ、お寺に対する意識は大きく変わってきました。
現代社会はこれまで日本を支えてきた様々の『縁』が希薄になってきつつあり、それだけに心の拠り所を求める方も多くおられると思います。
このような時代だからこそ求められるのは、今を生きる人々が生を悩みどう生きて、未来につなぎいくのかを法華経の教えをもとに導いていく場所でもあると思っています。
末法と言われるこの時代、物資が豊かになる一方で人々の心は貧しくなっています。
「法華経は諸経の宝なり」とお釈迦様が説かれているように法華経の教えには人生の指針となる様々なお導きがあります。
そして日蓮上人は、過去を見、今をどう生き未来をどう創るかという事を説かれ、この"法華経"こそが今の世の中(末法)を救う真の教えだと確信されております。
悩んだ時、苦しい時、どうぞお参り、ご相談下さい。
人が縁を結ぶ事ができるお寺を目指し、歴史を刻んで参りたいと思います。
合掌

海包山 龍昇寺
住職 望月日龍

施設紹介

海包山 龍昇寺

〒856-0846
長崎県大村市日泊町1583−6

(分院)望月修法道場

〒856-0828
長崎県大村市杭出津2丁目1311

お気軽にご相談、お問合せ下さい

Tel.0957-52-7264

メールフォーム
  • 納骨堂包輪閣
  • 本堂
  • 道場
  • 納骨堂包輪閣
  • 通夜・葬儀
  • 祈祷・祈願
  • 修法勘定・悩み相談
  • 墓地
  • 墓処理事業
  • お問合せ